貴重な時間を風俗で過ごす

紛れもなく風俗が一番だと思う

これだけいろんなサービスがある中で紛れもなく「これが無ければ困る」と言えるのは風俗です。男の本能そのものを刺激してくれるものじゃないですか。これは本当に大切というか、ありがたいものだなって思いますよね。それに遊んでいる時も楽しいんですけど、心の拠り所としての存在感ですよね。女の子に対してむやみやたらに飢えることが無いのも風俗があるので、ムラムラしたりちょっと欲求不満かなって思った時には風俗で抜いてもらえばよいじゃないですか(笑)安心感と言うか、男としての気持ちを満たすための保険のような存在になってくれているんじゃないのかなって思うんですよ。それに保険とはいいつつも、風俗は選択肢も豊富なんです。何をして遊ぶのかもまた、女の子やジャンルなど数多く用意されているじゃないですか。それだけに、風俗で遊ぶのは何気にとても楽しいというか、満足感があるよなと思うことも多いんです。それだけに、やっぱり風俗は最高ですよ。

今まで以上に好きになっているその理由

時間とともにどんどん風俗のことが好きになっているような気がするんです。それは自分が風俗の楽しみ方を覚えてきたからと言うのも大きいんじゃないのかなって思っています。あんまり無理をする必要はないというか、力んだところで相手だって困るだけだってことが分かってきたんですよ(笑)以前の自分は風俗がまりにも特別すぎたので絶対に失敗したくない気持ちが強すぎたんです。だから力んでしまったりプレッシャーに負けてついつい緊張したり。でも最近は自分も場数を踏んできたからなのか、あまりそういったことを考えることもなくなりましたね。リラックスというか、あんまり力まずに楽しめるようになったので自分でも驚くくらい、相手の風俗嬢との距離感が縮まっていくのが分かるんです。かつであればどういった形で相手と楽しむべきなのか良く分からない部分もありました。でも最近ではどういった形で遊ぶのがベストなのかが分かってきたので、あんまり緊張することもないんです。